一時の快楽、一生の苦難。それが浮気

どもりがあったって恥ではありません。

どもってしまう悩みを抱えている本人は、どもりがあることを恥だと思っているかもしれませんが、恥だなんて思うのは違うと思います。恥ずかしい気持ちはわたしにもわかります。わたしも上がってしまうとたまにどもることがあって、恥ずかしいなと思うからです。
貴方の力になるどもり 原因をクリック!

 

他人と話していてどもると、相手の人がちょっと怪訝な顔になるんですよね。相手の人の怪訝な表情を見ているうちにますます緊張して上がってしまいます。そうするともう悪循環ですよ。ますます「おかしなことを話しちゃいけない」「おかしな様子も見せちゃいけない」と気にするあまり、どもりがひどくなってしまいます。

 

どもりってパターンがあります。1回でもどもるとどもったことが気になって2回目もどもってしまい、2回もどもると緊張して今度は立て続けにどもるという感じです。だけどどもることは恥ずかしいと思ってもいいけれど、恥ではないと思うのです。恥だなんて感じる必要はまったくないと思うのです。
ココで→どもり 原因を確認しておきましょう。